DisplayLinkが画面回転に対応していた

この記事は約2分で読めます。

先日登録した覚えのないメルマガでDiaplayLinkのドライバが更新された旨通知が来ました。

M1 MacでWAVLINK社製ドッキングステーションを利用しており、特に不具合なく使っていました。

モニタは2枚使っており、たまに2枚目を縦に使いたいことがありました。
特にターミナルなどでCLIを利用している時や、Webページを見たい際は縦の情報量が多く便利なのですが、今までは回転できず諦めていました。
Beta版で対応していたとは聞いていましたが、なんとなく嫌な予感がしたので見送ってましたがついにリリースされたようです。

早速DiaplayLinkのドライバページから最新ドライバをダウンロード、念のため再起動したところDisplayLink Managerで回転が選べるようになっていました。

右がDisplayLinkManager、左がディスプレイ設定の画面

今のところ特に問題なく稼働しています、CLIで縦長が使えるのはとても便利です。
これでDisplayLinkのデメリットはほぼ解決したように思えます。

  • 画面回転出来ない
  • AppleWatchでロック解除出来ない

前回Thunderboltで痛い目にあったので、やっぱりM1 MacにはDisplayLinkが一番ですね。

記事は以上

タイトルとURLをコピーしました